新撰組が愛したお漬物・1764シリーズ

1764年の創業当時から変わらぬ製法で作ったお漬物。

主役である野菜を無碍にせず、ただひたすら野菜と向き合い、まっすぐな野菜の味がお楽しみいただけます。

 また幕末には新撰組に愛され、お膳場には常にどんぶり鉢に漬物がみじん切りにして盛られ、いつでも出動前に茶漬けをたらふく食べられるように準備されていたといわれております。

 時を越え、今も色あせることなく引き継がれてきた伝統の味をぜひご賞味ください。

本干沢庵1764  /525円

一度天日干しした大根を糠で漬け込み、糠で180日以上熟成させた酸っぱい沢庵。その酸っぱさに驚く方も多い一方、「クセになる」と、一度に5本も購入される方もいらっしゃいます。
創業以来変わらぬ製法で作り続けて250年。かつて新撰組のお膳場にも献上された沢庵です。お好みの漬物を刻んでお湯をかけ味噌と食べるのが新撰組流。
浪士の味をぜひご賞味ください。

胡瓜奈良漬1764 /855円

明治中頃・京都を代表して幾度となく勧業博覧会に出品。
大賞をいただいた近清の誇る伝統の味でございます。
瓜の奈良漬よりもクセがなく奈良漬ビギナーの方にもオススメです。
柔らかいのにコリコリとした独特の食感が特徴です。
直径約5cm・長さ約20cmもある奈良漬専用胡瓜を使っています。

瓜奈良漬 半切 /665円

かつて新撰組のお膳場で特に重宝されていたのが、当店の「本干沢庵」とこの「奈良漬」と言われております。
徳島県産の瓜を使用し、塩漬け1回、本漬を3回行い約2年間熟成させた奈良漬です。風味良く、コクのある味わいは、約二年間の熟成のなせる業。しっかり下漬することで、パリッとした歯ごたえが生まれます。
瓜よりも酒粕の風味がよくでており、奈良漬好きの方におすすめです。

味噌漬大根1764/650円

創業時の味を復刻した人気商品☆
一度下漬けした大根を、甘味噌でじっくり漬け込んだ味噌漬けです。

しょっぱいというよりも甘みとコクを大切にした味噌漬です。

茄子の生しば /430円

本来のしば漬は雑菌に強い乳酸菌の働きによって真夏の暑さのなかでも長期保存のきくれっきとした発酵食品です。その酸っぱさに驚く方も多いのですが、”通好みの味”として熱狂的なファンも多い一品です。

味しば /430円

「生しば漬は酸っぱすぎる」「まな板が汚れるので困る」という声を頂戴し、料理屋用に作った漬物です。生しば漬に塩漬けの茗荷を加えて細かく刻み、風味良く仕立てました。酸味の中に感じるみょうがのシャリッとした食感が特徴です。「新撰組のようにお茶漬を楽しみたい!」というお客様にもご好評いただいております。

しば小町 /430円

干し大根をしば漬の製法で漬け込んだ創作漬物です。

大根ならではの歯ごたえと爽やかな紫蘇の風味が酸味によく合うお漬物。

ご飯はもちろん、お酒のアテにも抜群です。

熟成寒干沢庵 /430円

いわゆる京都の贅沢煮。塩抜きした沢庵を無添加の醤油だれで味付けし直した一品。

ピリッと唐辛子がアクセント。生姜、梅酢が効いており、甘辛いながらも、後味はすっきりしています。

 総本家近清本店営業日

 

本店10月17日(火)

新店舗オープンしました!

TEL:075-257-7066

営業時間

月~金(祝日は除く) 9:00~17:00

FAXでもご注文いただけます!

FAX用ご注文用紙
このファイルを印刷して必要事項をご記入の上、下記FAX番号までお送りください。
オンラインFAX用紙.pdf
PDFファイル 1.0 MB

FAX番号:075-241-0728